あいぜん指圧 渡辺明 治療室

03-3856-3941


Newお知らせ

・吸い玉療法に関する情報は、日本吸い玉協会でご確認ください。
 講習会やその他イベントなど、随時開催しております。

・カッピング治療を受けながらの個人講習も随時させていただきます。

・あいぜん健康法講習は毎日第3日曜日の午後1時からです。参加される方は予約をしてください。参加費は無料です。
指圧療法陽-yang-
指圧療法 陽圧とは?

指圧療法陽圧とは、患者さんの症状を感じ取りながらツボを押す治療です。

まだ病気にならない前に指圧療法で前もって身体のバランスを良くする治療です。

もちろん頭が痛い、肩がこる、腰痛、冷えるなど急性の症状などにも効果的な治療をさせて頂きます。

ほとんどの患者さんが調子の悪い状態が普通だと思っております。
ちゃんと治療をして本物の自分を確認して頂くことが私の願い、そして仕事でございます。

指圧する治療師
吸玉療法陰-yin-
吸玉療法(カッピング) 陰圧とは?

吸玉療法(カッピング)陰圧とは、血液をきれいにするのが最大の特色とする治療法です。

血液は肺から酵素を、消化器から栄養分を全身に運びます。

そして帰りは、老廃物を運び出して腎臓などで処理します。

ほとんどの病気はこのプロセスがうまくゆかなくなっておこります。

血液の酸性化や滞りを良い状態にするために吸玉療法(カッピング)をすすめさせて頂いております。

吸玉療法を受ける女性
食生活療法 食-syoku-
食生活療法で整える

陽(指圧)陰(吸玉)は、あいぜん指圧の『要』としております。

それと身体に合った食生活のご指導をいたします。
食べ物、飲み物にも陽と陰があります。

一般に陽性食品は硬いもの、身体をあたためるもの。
陰性食品はやわらかく、そして体を冷やすものを言います。

患者さんに合った食生活なども治療をしながらお話しさせて頂きます。

赤い配膳
こんな症状で悩んでませんか?
肩や首の痛み
背中や腰の痛み
慢性の筋関節疾患
まずはお気軽にお電話下さい。
ご利用手順の流れ
その一 電話予約
その弐 来院・カウンセリング
その参 時間・内容決定
その四 施術